ケヅクロイしながらイエヅクリ

東京で中古マンションを買ってリノベーションをしてみた記録

洗面スペース重視か段差ゼロ重視か

この記事の前提として,現時点の図面で洗面所+浴室の幅は3000あります。

浴室の広さを1418にしたのは洗面所が絡んでいた,と書きました。
どういうことかと言うと,最初のプランでは洗面所の構成が壁側に750+750で洗面所+洗濯機で並んでおり,廊下側はリビング収納+扉となっていたんです。
ですが,鏡を見に行ったときの「750だと三面鏡にできない」が響いており,じゃあ洗面所の幅を1500から1200にして鏡は900幅を三面鏡で入れる→壁側を洗面所,廊下側の収納にあてようとしていた部分に洗濯機を持ってくれば300も幅が削れるからその分を浴室にあてて1620にできるじゃないか,と考えたんです。

ところが,2回目のプラン打合せで「洗濯機を廊下側にもってくると,廊下→洗面所→W.T.C.とフラットにできている床が洗面所部分だけ10cmほど上がります」と言われたんですね。
洗濯機を廊下側に持ってくるということは,廊下側から壁側へ排水管を斜めに設置する必要があるから…。

元々は洗面所自体もダブルボウル(洗面が2つ並んでいる状態)にしたかった妻ですが,夫は洗面所で毎朝頭を洗うんです。
ということはお上品な手だけが洗える小さくて浅い洗面ボウルでは用をなさないわけです。
となると70cm幅が必要になるのですが,さすがにどう考えても70cmを2つ置くスペースはなく,私のだけ小さいのを置くのもなんだかおかしいので,洗面はやっぱり1つ!と決めました。

なので,1200とれて洗面ボウルは1つでも鏡スペースが伸びるなら二人並んで朝の準備もできるな,と思っていたんです。
が!が!段差!またもやここで段差問題発生。
段差をゼロに戻すのであれば,洗濯機を壁際に戻す必要があります。
三面鏡900をキープするのであれば,左右に余裕が必要なので洗面部分は1000,プラス洗濯機に700で横幅が1700必要ということになります。
ここに1400の浴室がくると3100で100オーバーしているので,W.T.C.を減らして丸く収めよう,という結論になりました。
段差さえ許容できれば浴室1618も可能でしたし,W.T.C.を削る必要もなかったのですが,どうしても家の中に段差があるのが受け入れられなかったのです。

広告を非表示にする