ケヅクロイしながらイエヅクリ

東京で中古マンションを買ってリノベーションをしてみた記録

未公開物件との戦い

年度変わって最初の週末に,リ社の担当さんからお電話があり,未公開物件で条件に近いものが出たので次の火曜日に内覧できないか,というお話でした。
仕事終わりであれば行けますとお返事をして電話を切ったところ,すぐに再度お電話があり,火曜日は日中にすでに2件内覧の予約が入っているので,月曜日の夜にできないか,というご相談でした。

月曜日の夜。
仕事終わり。
空腹。
肌寒いガランとした部屋。

妻は「ここでいいでしょう」と思いました。
夫は「決められない」と2時間粘りました。

駅距離,広さ,通勤時間はすべてクリアしています。
夫のネックはちょうど部屋の真ん中に走っている梁で,これのせいで玄関から入った瞬間の印象が「狭い」だったのです。
一生ものの買い物ですので,わたしもさすがにキレたりせず,ただ「新築だろうが中古だろうが100点の物件は絶対にない」「70点を100点にできるかはリノベーション次第&考え方次第」とひたすら諭しました。

ですがさすがに2時間経過すると付き合ってくださっている担当さんも「こりゃ決めきれないか」と思ったのか「一旦持ち帰っていただいて,NGなら明日9時までに連絡をください」その場合は諦めましょう,と。
お腹を満たしてお二人でゆっくりご相談ください,と。

家に帰ってから確認したのは,以下の4点で,結論としてはオールクリアでしたので,ほぼ夜中に夫婦は決断したのでした。
・やりたいリノベーションができるか再度確認
・物件自体の管理状況に問題はないか(長計で確認)
・同じ条件で相場より高くないか

国土交通省 土地総合情報システム Land General Information System

・賃貸に出す場合,ローン返済+補修積立金より高く貸せているか

【マンションマーケット】中古マンションの売却・購入・価格相場サイト

広告を非表示にする