ケヅクロイしながらイエヅクリ

東京で中古マンションを買ってリノベーションをしてみた記録

athomeとsuumo

物件探しを始めてからほぼ2ヶ月。
この頃(3月末)になるとあまり新しい物件情報が出てきません。
最初はリ社からのメールを待っていただけのわたしたちも,2ヶ月も毎日「今日は何か新しい情報があるかな」と思いながら日々を過ごすのに少し疲れ始め,自分たちでathomeやsuumoを毎日チェックするようになりました。

ですので,不動産屋さんの自社仲介の情報がリ社に流れてこない限りは,提案物件=すでにこちらでも確認している物件ということが度々発生し,あまり期待できなくなっていました。
売れ残っている=イマイチな物件なのではないか,という疑いの気持ちが芽生えてしまい,これいいかな,と思っても「情報公開日」がかなり前だとやめようと思ってしまったりしていたのでした。

ちなみに,リ社の担当さんは内覧の手配から当日の同伴,物件情報が不足している場合には内部写真の事前撮影等,かなり全方位的に対応してくださり,この頃には「どう考えても10万円以内の働きとは思えない」と感じており,物件が見つからない,ということがない限りはこのままリ社に最後までお願いしようと考えていました。

広告を非表示にする