ケヅクロイしながらイエヅクリ

東京で中古マンションを買ってリノベーションをしてみた記録

物件は思っていたよりたくさんある

2回目の打合せで出したヒアリングシートを元に物件探しが開始されたのですが,当初は「わたしの年収で買える物件は都内にはほんのひと握りしかないに違いない」という考えのもと,職場が固定しているわたしの勤務地から電車で60分以内&乗り換え1回以内,でお願いをしました。
出てきた中から住環境,発展性,自治体の施策等で絞り込めば必然的に選択肢はいくつかになるのだろう,と思っていたんですね。

ところが。
実際に送られてきた「現在売り出し中の条件に該当する物件」は300〜400くらい出てきてしまいました。
人生の長い時間を過ごす(かもしれない)エリアですので,印象ではなく数値的な指標で決めたいと考えていましたが,東京・千葉・埼玉・神奈川の行ったこともない土地・路線名がずらずら並ぶエクセルを見て,頭を抱えてしまったのが正直なところです。
そんなわたしたちがその時点で考えた指標が,

  • 通勤時間(当初より絞りました)
  • 建物倒壊,火災危険度
  • 犯罪発生率
  • 騒音,スーパーの近さ,公共図書館の近さ,指定避難所の近さ,人口比率

といったところでした。

住宅ローン減税なるものが存在するのを知ったのもこういった指標を調べていたときでした。

リ社さんからは以下の条件でみなさん決めているようです,というアドバイスをいただき,この物件,と選択した後であれば物件ごとのレポート(ここに観光資源の有無や災害状況,人口比等ほとんどきになっていたことが網羅されているレポート)が出せる,というお話もありました。

  • 予算
  • 通勤時間
  • 子育て環境(子供はいませんが)
  • リセールバリュー

ここまでで2月中旬。どれにも絞ることができずに1ヶ月が経過していました。 次回は初めての内覧です。

広告を非表示にする