ケヅクロイしながらイエヅクリ

東京で中古マンションを買ってリノベーションをしてみた記録

洗面ボウルはTOTOのSK106

リ社標準では洗面台の上にかわいい洗面ボウルが乗っている,っていうアレなんですね。
でも前回洗面所について書いた通り,我が家は夫が洗面所で毎朝頭を洗います。
このため,幅があって深さもある洗面ボウルを探していました。

その結果,あっさり当たったのが「TOTOの病院用流し:SK106」です。

urasic.jp

結構リノベーションで使っている方も多く,SK106で検索すると色々な記事が当たります。
しかもみなさん我が家と同じ理由で採用していたりします(笑
内寸が684mm×394mm×200mmなので,バッチリ。

次に困ったのが水栓。
シャワータイプで見た目がうーんって感じじゃなくて使えそうな水栓,というのが難しく。
さらにはSK106を採用された方みなさん気にされているのが「本来このボウルは壁付きの水栓を使うので,洗面台付きの水栓にすると水栓の根元に水が溜まる」という点。

それを防ぐために水栓の根元を洗面ボウルのふちの高さまで上げている方もいらっしゃったり。
どうしようか,と夫に尋ねたところ「今でも毎回拭いてるからいいよ」と言われ。
それならいいか,と,サンワカンパニーのルビアシャワーに決まりました。

www.sanwacompany.co.jp

最初はこの製品のトールタイプを入れようと思っていたのですが,もう一度サンワカンパニーのショールームにお邪魔して現物を見たり,実際に頭を入れてみたりした結果,背の低い方でよいだろう,ということになりました。
個人的には頭を洗う時にめっちゃ腰を曲げているのが辛そうに見えたので,もう少し洗面台を高くした方がよいのでは?と思ったのですが,頭位置が上がるということは水が背中側に流れる,ということなので,結局今と同じ800にしました。

実際に使ってみての感想はまた。

トイレの真上に梁がある

regina.hatenablog.com

で書いた通り,未来の我が家は横に太くて厚みのある梁が一本通っています。
センターイン(玄関が部屋の真ん中にあるタイプ)なので,玄関入って少し左を見上げるとドーンと鎮座している,というイメージです。
私は愛着を込めてこれを「ハリコちゃん」と呼んでいるのですが,プラン打合せ中はどうしても平面図で見ているので,存在を忘れてかけていました。

が,とうとうこのハリコちゃんの出番がやってきたのです。

ちょうどトイレの真上にハリコちゃんがいるために,なんとドアの高さが1800しかとれないのです。
1800って!
ちょっと背が高めの日本人でも頭あたっちゃうパターン!!

というわけで,当初は
・玄関入る
・W.I.C,トイレ,洗面所のドアがきれいに同じ種類で3つ並ぶ
・ほぅ(感動のため息)
というのを想定していたのですが,ここでトイレのドア変更を余儀なくされたのでした。

W.I.Cと洗面所の扉(あと,廊下からは見えませんがW.T.Cも)はj-maxの「シンプソン ヘムロック室内ドア 266」。
トイレはその隣の1778の「シンプソン ヘムロック室内ドア 44(24510)」にすることにしました。

その結果,元々はドア上部のガラス部分に金文字で「Toilet」とか「Bathroom」とか入れて,遊びに来た友達に「トイレどこ?」って聞かれたら「ドアに書いてあるから!」って言おうと思っていた夢も崩れ,単に「背の低いドアがトイレだから」と消え入るような声で言えばよいだけに。

ドアの色のお話はまた別途。

ライフプラン表を作ってみた

そもそもわたしたちに家なんて買えるのか,という議論が初期にありました。
これは「お金を貸してもらえるのか」ではなく「財政状況的に先々やっていけるのか」という意味です。 「なんとなく無理な気がする」という感覚的な判断がいやなので,ライフプラン表を作ってみることにしました。
ネット上にいろんな方が作り方やテンプレートをアップしてくださっていますので,活用すると便利です。

収入は,極めて悲観的に以下のように見積もりました。
 妻→年収ベースで年10万円しか上がらない前提にする
 夫→現在と同じ額で変わらない前提にする

支出は食費や光熱費等の生活の基本になる部分も飲み代や旅行代等の趣味・交際部分もふんだんに計上した結果,わたしたちの貯蓄は夫が75歳になる年にゼロになることが分かりました(笑)

もちろんその年になる頃には年金生活のはずなのですが,年金がどの程度保障されるかは不確かであり,なんなら退職金もゼロで見積もっています。
ローンは終わっていますので,その時点でも住んでいた場合,手元に築70年(笑)のマンションは残ります。

こういう表を作ってみてはじめて,ではこれから先4〜50年ほどをどのように計画していけばどういった生活が可能になるのか,が見えてきます。
我が家は現在完全折半(月次で清算)であり,共同貯蓄もありませんが,家を持つというプロジェクトを通して二人でどうやってやっていくかを考え始めたような気がします。

銀行が年収から弾き出す「いくら貸せます」を鵜呑みにして満額いっぱいでローンを組んで後で自分の首を絞めてしまわないためにも,ライフプラン表を作ってみることをお勧めします。

洗面スペース重視か段差ゼロ重視か

この記事の前提として,現時点の図面で洗面所+浴室の幅は3000あります。

浴室の広さを1418にしたのは洗面所が絡んでいた,と書きました。
どういうことかと言うと,最初のプランでは洗面所の構成が壁側に750+750で洗面所+洗濯機で並んでおり,廊下側はリビング収納+扉となっていたんです。
ですが,鏡を見に行ったときの「750だと三面鏡にできない」が響いており,じゃあ洗面所の幅を1500から1200にして鏡は900幅を三面鏡で入れる→壁側を洗面所,廊下側の収納にあてようとしていた部分に洗濯機を持ってくれば300も幅が削れるからその分を浴室にあてて1620にできるじゃないか,と考えたんです。

ところが,2回目のプラン打合せで「洗濯機を廊下側にもってくると,廊下→洗面所→W.T.C.とフラットにできている床が洗面所部分だけ10cmほど上がります」と言われたんですね。
洗濯機を廊下側に持ってくるということは,廊下側から壁側へ排水管を斜めに設置する必要があるから…。

元々は洗面所自体もダブルボウル(洗面が2つ並んでいる状態)にしたかった妻ですが,夫は洗面所で毎朝頭を洗うんです。
ということはお上品な手だけが洗える小さくて浅い洗面ボウルでは用をなさないわけです。
となると70cm幅が必要になるのですが,さすがにどう考えても70cmを2つ置くスペースはなく,私のだけ小さいのを置くのもなんだかおかしいので,洗面はやっぱり1つ!と決めました。

なので,1200とれて洗面ボウルは1つでも鏡スペースが伸びるなら二人並んで朝の準備もできるな,と思っていたんです。
が!が!段差!またもやここで段差問題発生。
段差をゼロに戻すのであれば,洗濯機を壁際に戻す必要があります。
三面鏡900をキープするのであれば,左右に余裕が必要なので洗面部分は1000,プラス洗濯機に700で横幅が1700必要ということになります。
ここに1400の浴室がくると3100で100オーバーしているので,W.T.C.を減らして丸く収めよう,という結論になりました。
段差さえ許容できれば浴室1618も可能でしたし,W.T.C.を削る必要もなかったのですが,どうしても家の中に段差があるのが受け入れられなかったのです。

リクシルに行く

同程度のラインならなぜTOTOで決めてしまわずにリクシルにも行ったのか。
それはTOTOでバスタブに入ったときに「狭い!」と思ったからです。

なぜ狭く感じたのかと言うと,長辺が確実に長くなっているのに対して,短辺は必ずしも広くなっていないのです。
なんなら狭くなっています。
なぜかと言うと,最近のはやりなのか大きなバスタブの節水効果のためなのか,バスタブの間口から底に向かって横幅が少しずつ狭くなっているからなんです。
現在の我が家のバスタブはシンプルに真四角です。
4辺が間口からストンとまっすぐ下りているんですね。

リクシルの浴室

www.lixil.co.jp

TOTORDシリーズの対抗馬はリノビオVでした。
バスタブは(これまたどこも同じですが),中にベンチがあるもの・比較的四角いもの・丸いものの3種類ありましたが,ベンチは足先がベンチに乗ってしまい,くつろげる感じがしなかったので却下しました。
四角と丸で悩んだのは,見た目は四角の方がすっきりしており,広く見えます。
ですが実際には丸の方が広いという点。
ここは発注までは悩もうかと思い,現時点では保留にしています。

TOTOと比較して違っていたのは,プラマイあわせて以下のような感じでした。
・いい床と普通の床の差額が少ない(あくまで定価ベース)
・アクセント壁(壁4辺のうちどこか1辺だけ種類を変える)場合,組み合わせが限られている
・壁が強力マグネットではない
・棚ははずれる
・バスタブの長辺も短辺も数センチずつ広い

あと,TOTOリクシルも共通してドアは折戸ではなく開き戸にして,外側にタオル掛けをつけました。
折戸は折れる部分の汚れが気になるのと,タオル掛けは今洗濯機にバサッとかけているのがずっと気になっていたので。

どちらも見積もりが出揃いましたが,同じように選択した場合,ほぼ同額でした。

TOTOに行く

本当はキッチンを見に行った日に一緒に行こうと思っていたのがTOTOでした。
目的は標準仕様のお風呂の確認。
ところがTOTOは1週間前の時点ですでに週末はいっぱいで予約がとれませんでした。
自由見学をしてみたのですが,展示品はすでに色々なオプションが盛られていて,何が標準なのかすら分からずに10分で帰宅したのでした。

さらに1週間後に出直して見直したのが今回の記事です。

TOTOの浴室

ユニットバスについて調べたことがある方は,お風呂のサイズは4桁の数字で表現されており,前半2桁と後半2桁がそれぞれユニットバスの縦×横を表現しているのをご存知だと思います。
現在の我が家もユニットバスが入っており,扉の内側のすぐ上にシールが貼ってあり,1116とあります。
つまりバスタブの長辺が1100で,短辺と洗い場の短辺を足したものが1600ということになります。

実際のバスタブの内寸は1030あるのですが,身長162cmのわたしは背中をぴったりつけて入ると膝を曲げずに入れる,というサイズです。
バスタブ自体はそれほど狭く感じたことはありませんが,洗い場はときおり頭を洗っているときに肘が壁に当たります。
そしてわたしより5cmほど全体の尺が大きい夫は間違いなく狭いです。

このため,最低=1317,できれば1418,体感次第で1620?というのが見学前でした。
リ社の標準仕様はTOTORDシリーズのSライン。

TOTO株式会社 | ユニットバスルーム マンション用 | カタログビュー

結論として,サイズは1418にしました。
これは洗面所と関連する話ですので,またそちらの記事で詳細を書きたいと思います。

リ社のコーディネーターさんがおっしゃったとおり,どこの会社も同程度のラインであれば機能もほとんど変わりません。
お湯が冷めにくくなってます&床が冷たくなくて乾きやすいです。
メインはこの2点。

我が家はこのどちらも「不要」だと判断しました。
お風呂はほぼ続けて入っていますし,今の家は1階ですが,格別床が冷たいと感じたこともありません。
掃除したくないという理由で浴室の外に出しっ放しのフタもナシ,掃除しかしていなくてまったく使わない鏡もナシ,タオルで体を洗わないのでタオル掛けもナシ。
浴室内の棚もいらなかったのですが,取り外しができないということだったのでこれだけ諦めて残しました。
TOTOはデモ画面を見ながら仕様を決めていくのですが,超絶シンプルな画像が表示されてちょっと笑ってしまいました。

お風呂はその他にひとつずつのパーツについて「白か黒かメタルか」,バスタブ・壁・床も「白かベージュか黒か」等々を選ばなくてはならず,本当に必要なものだけを残せたのはよいのですが,結構ハードなショールーム見学でした。
ショールームは午前・午後で1件ずつが限度です。

どこでもドアを諦めた日

最初の頃は「どこでもドアを作りたい!」「トイレはピンクにしたい!」と何度となく言っていた記憶があります。
なんなら一部屋ずつドアの色は変えたい,とも。
ですが,デザインの好みって必ずしも一方向ではないんですよね。
ファンシーなものをかわいいと思う気持ちも,無骨なものをカッコイイと思う気持ち,ナチュラルなものにホッとする気持ち,どれも本当です。
では全部取り入れるのか,というと,もっと根底にある「統一感を出したい」という欲求を前提にするとノーでした。

どのテイストで揃えるか。
選び方はシンプルで,リ社の事例を全件見たときにすでに決まっていたんです。
なぜなら同じテイストの事例ばかり気になったリストに挙げていたので。
ファインシーでもナチュラルでもなく,かっこよくしたかったんです。

少し話題は逸れますが,中古マンションを検討している方はマンションには「共用部分」と「専有部分」があるのをご存知だと思います。
自分の部屋に付属している,と誤解されそうなパーツとして,玄関ドア(内側を塗装するのはOK),ベランダ,窓のサッシがあります。
玄関ドアは共用部分なのでまるごと取り替える選択肢はありませんので,検討対象は室内ドアになります。

リ社標準仕様の扉は凹凸が何もないいわゆる「板一枚」です。
えって思う方がいらっしゃるかもしれませんが,ドアの存在を限りなく薄くしたいスペース(例えば1Kの洗濯機置き場のドアとか)の場合は,壁と同じ真っ白塗装にして「Staff only」みたいに「Laundry」と入れている事例もあったりして,使いようです。
ただ我が家はドアを家全体の顔にしたいと思っていましたので,メリハリでいう「ハリ」の部分です。
「もうちょと…」とお願いしたところ,完全造作との中間の選択肢としてj-maxを紹介していただきました。

j-max.info

j-maxのよいところは,店舗内で表示錠の取り扱いもあり,しかも「使用中」を「in use」で表現して欲しかった身としてはピタリ賞でした。

www.shop-j-max.info

というわけで,どこでもドアは諦め「つつ」ありますが,もしかしたらどこかで復活するかもしれません。